2017年3月23日木曜日

円盤/リクロ舎です

■3月のお休みは以下。
3月27日(月)
■4月のお休みは以下。
4月6日(木)
4月20日(木)


◎ニュース
昨年より円盤の営業時間が変わっています。
13時開店〜20時閉店
イベントなどは20時の店舗閉店後に始まるようになりますので、20時まではふつーに買い物できます。
そして定休日設定なく、不定休(月に1,2回)となりますので、これまで定休だった火曜日もお店は開いてますよ。


◎円盤/リクロ舎とは◎
円盤(平成な感じ?)/リクロ舎(昭和な感じ?)は、主に日本各地の自主制作の様々なもの、そして、そうした方々と一緒に作ったものを売っている実店舗と制作集団(?)です。
店舗は東京の高円寺。
売っているのは、CDや本やTシャツなどのオリジナル商品の数々はじめ、日本各地で活動する方々の東京では他では買えない自主制作CD、中古レコード、古本、Tシャツやバッグ、昭和雑貨、コーヒーやカレー関係のいろいろなどなど...
面白いもの売っています。喫茶もできます。

世間では実店舗が弱く通信販売が強くなっていっているようですが、当店は相変わらず、八割以上が店頭と出張店舗で売れ続けています。
それに相応しい「見て、触って面白いもの」を売り続けていくつもりです。
このHPには基本情報しか載せていませんので、ぜひ店頭へお越し下さい。
あらゆるジャンルの作品があり、どのジャンルの専門でもありません。
そして、ジャンル別ではなく、活動地域別の商品棚と、知らないものの山に最初は戸惑われるかもしれませんが、一歩分け入っていただければ、チェーン店やセレクトショップでも、ライヴですらも味わえない面白い体験が待っております。
こちらでは長期、定期情報を
ツイッター
では直近情報を
それぞれ載せています。


飯田華子×北村早樹子「裸の村」
 DEEPな紙芝居と、紙芝居に留まらない圧巻のパフォーマンスで知られる飯田華子と、近年数々のメディア露出で一躍その名を知られるようになった、じわりと心の闇にふれてくるピアノ弾き語りから、一転ぶち抜けたポップ・ナンバーまで、何が出てくるか判らない才女・北村早樹子の共作本を製作しました!小説です。両者とも近年文章も手掛けていたからこその特別企画。
 ひとつの物語を異なる登場人物の側から描き、そのラストで両者の心情が交錯します。そのラストシーンは、物語だけではなく、なんと物体としても交錯。二冊の本の最終章は、その頁ごと、文字が渦を巻いて重なり合い、二冊だった本が一冊になるという超特殊装丁。
 絵はもちろん飯田華子。北村早樹子作詞・作曲・歌の主題歌シングルCD付き!


犬風アナログ2枚組できました!
円盤では最初期から「キコリレコードを救う夕べ」を主催、長い長いつきあいがある犬風さん、拙著「二〇一二」でも一章犬風さんのことを書いていますが、その名の通りの孤独に吼える姿は、なかなかうまいこと作品化できない...その作品のほとんどはカセットで、CDも2枚出ていますが、なんか、ようやく、「これぞ犬風」なものできたと思います!
深夜の円盤で一発録音した録音を三面に、最後の一面には、円盤店内ライヴ史上屈指の一夜だったと記憶している十年前のピアノ弾き語りを収録。
円盤的にも、アナログをどう作るのかのひとつの解答を得た感触。今までいろいろアナログ作って来ましたが、どうしても「これじゃCD作ってるのと変わんないんじゃないの...」と思っていた21世紀のアナログ作りでしたが、これです!これ!これからまたアナログ作れる感じがしました。
プレス少ないです。150セット。しかも高い(笑)!けどかかった金額だから仕方ない。でも、これでいい。これ大事に買って聞いてくれる人の数考えたら十分。この中身のままでCDはちょっとありえないものができたなって自負してます!


■ジョンのサンの人気盤をCD化しました!
かろやかで崩れていて愛らしい。名古屋の愛しすぎる奇跡の"乱調の美"ポップ・バンド。家庭の事情で、現在活動休止中ですが、その休止前の全精力を傾けた躁状態の小さな花の乱れ咲く素晴らしい作品です!!
本作はCD-Rでの発売でしたが、制作が遅々として進まないので、円盤でプレスCDにさせていただきました。
この17の小曲のへうげた姿を見よ!これが自主制作の美しさだ!

■ASUNAと店主の「100×100」がCDになりました!
 2016年8月、三軒茶屋キャロットタワー内生活工房で開催された円盤店主による「日本のポータブルレコードプレイヤー展」で、関連企画として同所で行われた、ポータブル・レコード・プレーヤー100台とポータブル・キーボード100台の合奏をCDにしました。
 金沢の音楽家ASUNAによるキーボード100台が同じ和音を奏でて起こすモワレの周囲を、100台のレコード・プレイヤーすべてで波の音のレコードをかけて包んだ趣向。
 両者が一台づつスイッチを入れ、すべてが鳴ったクライマックスの状態から再び一台づつ音を消し、波が引いていくまでのドキュメント。意外なくらいドラマがあります。当日の模様を宇波拓の世界的にも稀有な新録音システムで収録再構成。ヘッドフォンでじっくり聞いてみると判る趣向もあり(笑)!壮観な当日の模様の写真もたっぷりのポスタージャケットです!

上野茂都7年振りの新作「上野茂都の別天地」出ました!
 ブロークン三味線弾き歌い、彫刻家であり、モダンなオリジナル和風ポップスを生み出す才人。ゲルニカ上野耕路の実弟。最近では映画「のぼうの城」にも出演。歌唱、お笑いイベントからホールの演奏会まで縦横に活躍し、その卓越したポップソングたちは、浜田真理子、ふちがみとふなと、ETT、加藤千晶など、数々のシンガーにも取り上げられています。
 これまでの作品は、渋谷毅や関島岳郎、中尾勘二、船戸博史、宮野裕司ら、ベテランの名手たちに支えられた演奏で製作されてきましたが、本作はタイトルが示す通りの別天地を目指して製作。初めて自身よりだいぶ若手のメンバーたちに全部を預けて、上野氏は三味線すら置き歌唱に専念。上野作品のポップスとしてのポテンシャルに着目した若々しい作品を目指して製作しました。
 サウンド・プロデュースと全曲のアレンジを、片想いのベーシスト、ホライズン山下宅配便のギタリストであり自身のバンド、アナホールクラブバンドなどで活動する伴瀬朝彦を迎え、円盤店内で一年半にわたりレコーディングを見据えた月例デュオ・ライヴを経てレコーディング。録音には他に、みしませうこ(ds)、見汐麻衣(コーラス)が参加、録音、ミックスにはイトケン。
 大瀧詠一を思わせるポップナンバーから、腰のくだけるムード・コーラスものまで、上野茂都という才人のこれまで隠れていたポテンシャルが全開放されたような内容になっています。化粧箱入りの豪華パッケージ!


■サイトウエレトリコグッドサウンド、10年振りの新作「ワイルドスクリーン・バロック」出ました!
 90年代のロウファイ・ムーヴメントから登場し、当時、その中心地だった佐々木敦氏のレーベルUNKNOWN MIXから作品を発表する予定がレーベルの活動休止により頓挫、しかし、その作品は現在も製作を続けられ、日本アンダーグラウンド界のサグラダ・ファミリアとして密かに語られ続けているサイトウエレトリコ。彼は、ジョン(犬)のコンセプトを生み、その後も影のプロデューサーとして存在しているなど、作品こそほとんど表に現れていないものの、その才は音楽家たちに高く評価され続けています。そのソロ・スタジオ作の完成はもうすぐと噂されていますが、現在聞ける彼の作品は、やはり円盤から'05年に発表されたライヴ盤のみ。それが同じフレーズがほとんど登場しない狂気のしかし頓狂なプログレッシヴ・サウンドを体現する、ライヴ用バンド、サイトウエレトリコグッドサウンド。
 本作は、そのバンドの2枚目のやはりライヴ盤になるのですが、ライヴと言いつつ、前作同様、執拗に執拗を重ねたカットアップ編集がされ、そもそも1曲がほとんど1分以下のプログレッシヴ・パンクな彼らのスピード感がさらに圧縮され別種の爆笑したくなるような狂気が横溢しています。大問題作です!!
本作のメンバーは、サイトウエレトリコ(b)、ジョン犬(synth)、小林ヤスタカ(入谷なってるハウスの経営者です。sax)、富山彰子(台湾で大人気だったスカバンドみみーちゃんのメンバー tb)、遠藤正暁(ds)。録音は相対性理論やメディア・アート・ユニットd.v.d.で知られるイトケン(彼は前作ではメンバーでした)。


◎円盤のいろいろなことや、どーでもいいことがいろいろ判る謎袋雑誌「ミツザワ通信」発売中です。
新作情報、入荷情報、チャートなど
いろいろなことは現在すべてこの「三ツ沢通信」に書いてあります〜
以下の販売所でお買い求め下さい。
通販はしていません。
円盤/リクロ舎の最近のあれこれが判る「円盤営業中」(冊子+CD-R)
店主の全国中古レコード探訪行脚の記録「枕元レコード」(冊子+CD-R)
その他、豪華?連載陣
湯浅学の名盤句
札幌の台湾料理店ごとうのレシピ
クラモトイッセイの連載小説「老いてなお」
広島のシルクスクリーン職人ハローくんによる雑誌内雑誌「ハロー通信」〜そのハロー通信内で、ボギーの息子、モンドくんの弟てんちゃんの絵や、根本敬さんのブランド=家作の商品案内、横川シネマの溝口さんによる映画紹介、珍庫唱片、The工藤玲央、村岡充が連載中。
沖縄CD屋の店主トマトさんによる生写真
仙台よしぎのジョンさんの日記のような新聞のような...
諏訪正午の庭矢崎さんの温泉レポート
ロック漫筆家、安田謙一さんのコラム「六甲おろち」
粟生こずえの「四度の飯と本が好き」では毎回三つのテーマで本を紹介。縁の書店主の方々にも同じテーマで一冊づつ紹介してもらっています。名古屋シマウマ書房鈴木さん、金沢オヨヨ書林山崎さん、大阪アオツキ書房金本さん、広島本と自由の青山さん、千駄木古書ほうろう宮地さん、ex横浜黄金町のたけうま書房稲垣さん、つくばPEOPLES BOOK STOREさんが参加してます!
さらに
冬号には恒例の御年賀DVD
2016年の円盤業務報告書も。

現在の販売店は以下。(北から南へ順)
札幌台湾料理ごとう(北海道札幌)/喫茶米山(岩手県盛岡)/dee dee's cafe(岩手県奥州)NEW!/駄菓子屋よしぎの(宮城県仙台)/PEOPLE BOOKSTORE(茨城県つくば)/ニヒル牛(東京都西荻窪)/古書ほうろう(東京西日暮里)/試聴室その2(神奈川県横浜市黄金町)/静岡市みろくさんぶ(静岡市)/PONTI CONTI FOOD こてふ(静岡県三ヶ日←移転準備中)/正午の庭(長野県諏訪)/北書店(新潟県新潟)/古本ブックエンド(富山県富山)/オヨヨ書林新タテマチ店(石川県金沢)/レッドハウス(三重県四日市)/初恋レコード(滋賀県彦根)/pleased to meet me(奈良)NEW!/喫茶ゆすらご(京都)NEW!/アオツキ書房(大阪府北堀江)/mole music(大阪上町)/PONG KONG RECORD仮店舗(兵庫県姫路)※PONG KONG関係ライヴ会場などで/borzoi record(鳥取県鳥取)/村岡充仮店舗(岡山県)※ライブ会場にて/横川シネマ(広島県広島)/本法寺(香川県綾歌)/にこみちゃん(高知県)/ヨコチンレーベル仮店舗(福岡県)※LOUNGE SOUNDSなどライブ会場にて/CD屋(沖縄県中城)/珍庫唱片(漂流店舗)
その他、近所に販売所が無いなどの場合連絡下さい。


円盤とインド富士が提携しました!
インド富士子よろしくお願いします。
昨年より円盤の一階に、東小金井のカレー名店インド富士分店が入り共同でいろいろやっていきます。よろしくお願いします。

■この一年の円盤/リクロ舎オリジナル作品
犬風「裸足の時代」(2LP)
飯田華子×北村早樹子「裸の村」(本+CD)
田口史人「店の名はイズコ」(本)
田口史人「アイゾーの沖縄紀行」(本)
田口史人「と豆腐軒の想い出」(本)
ジョンのサン「二人の先輩と1つのポリバケツのための小品」(CD)
ASUNA Fumihito Taguchi「100 keyboads × 100 portable record players with 100 sea wave records」(CD)
上野茂都「上野茂都の別天地」(CD)
サイトウエレトリコグッドサウンド「ワイルドスクリーン・バロック」(CD)
飯田華子「花」(本)
飯田華子「街」(本)

■出張いろいろ決まっています。
3月 名古屋
4月 北浦和、伊勢、大阪、沖縄三カ所
5月 彦根、名古屋、京都、広島、岡山、姫路
詳細は「出張円盤」コーナーを見て下さい。


電話、メールはこちら
電話03-4291-3555
メールはmitsuzawa2shinあッとまーくjcom.zaq.ne.jp
へ!お願いします

今年は栗(りす)年です!